電子カルテ提案営業を経て

薬剤師として働いている作者が開発した、

患者状態をより

『効率よく』記録するためのツール!

iOS(広告なし¥300/広告付き無償)・Android(広告付き無償)

iOS広告なし  iOS無償版  Android無償版 


 元・総合医療情報システム(電子カルテ・看護支援等)の提案営業職を経て現在薬剤師として働いている作者が、現場で常々感じてきた「患者状態をより『効率よく』記録するためのツール」を開発いたしました。

 WHOが2001年5月に採択した"ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)"を厚生労働省が日本語訳した「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」を元に、障害の状況・程度を入力できるようにしたツールです。

ダウンロード
ICF inputterとは 〜スマホアプリが担保する患者の安全〜
WHOが2001年5月に採択した"ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)"を厚生労働省が日本語訳した「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」を元に、障害の状況・程度を入力できるようにしたツールです。
 現在「心身機能」「活動と参加」の2分類のみに対応しております。
 医療現場(特に在宅医療での現場)・リハビリ実施計画・特別支援教育計画などにご活用いただければ幸いです。
icfinputterforslideshare141224-141224030
PDFファイル 2.0 MB

動画付きSlideShareは  こちら


iOS版、iPad「横持ち」のときの状態

下端を両手でコントローラーのように持って、操作していただくことをイメージしております。



iPad版、縦持ちのとき

※広告付き無償版の画面のため、上部にバナーが出ていますが
下の方を持って頂いて、入力することを想定して作っております。

Android版:画面を切り替える必要なし

(2015.01.22 NEW!)

アンドロイダーから、公式アンドロイドアプリの認定を受けました!ウイルスチェック済です。

BlueRoy Inc.は公認デベロッパーを取得しております!

アンドロイダー公認デベロッパー認証

速やかに患者状態を記録し、かつ「共有」機能により、evernoteなどに記録を出力して後からPC経由で加筆→カルテ・薬歴に反映することが可能です。

作成時に、こちらの本を参考にいたしました。